ホーム ひと

発足1周年を迎えた県移動販売車協会会長 今村恒憲(いまむら・つねのり)さん

2016年4月7日
 自ら発起人となり同業者に呼び掛け発足させた「県移動販売車協会」の会長に就任し、1年が過ぎた。30年以上務めた宮崎市の仕出屋社長を退任すると、2013年から「いろんな出会いを求めて」キッチンカー「白いくまさん」を走らせ、クレープやフライドポテトなどを販売している。

 「身軽に動けるのに他地域の情報が伝わらない。同業者が、より商売しやすいように情報交換できる場がほしい」。その思いを実現するため1年の準備期間を経て、県北、県央、県南に支部を設け、昨年3月、11人でスタート。現在26人が加入し、年内30人を目指す。

 (1)販売・調理をする際に十分なサービスを提供できるだけのスペースを車内に確保している(2)保健所の許可を得ている(3)反社会的勢力との付き合いがない-が規約の3本柱。「衛生的で健全な組織であることを知ってほしい」 販売車は発電機、プロパンガス、飲料水や調理器を備え場所を選ばず調理できる。「利益だけを追求するのではなく、災害が起きれば協力して被災者の役に立ちたい」と社会貢献にも意欲的だ。

 昨年11月と今年3月には宮崎市の公園などで二十数台の集うイベントを開き存在をアピールした。今後は宮崎の食材と料理をPRするため、他県への進出を目指す。また、12月には福岡、長崎、熊本県の同業者を招き同市の大淀川河川敷で45台ほどが並ぶ大イベントを計画している。

 「やると言ったらやるのがモットー」と目を輝かせる。同市千草町に妻と母と暮らす。67歳。

このほかの記事

過去の記事(月別)