ホーム 地域の話題

木造新校舎が完成 綾中

2014年3月6日
 綾町が県内最大規模の木造校舎として建設していた綾中(永野雅康校長、218人)の新校舎が完成した。検査や竣工(しゅんこう)式を終えた6日、生徒は木のぬくもりを感じる教室に移った。

(詳細は7日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】木をふんだんに使った新校舎に机を運ぶ綾中の生徒

このほかの記事

過去の記事(月別)