ホーム 地域の話題

ミャンマー技術支援を 政府高官ら延岡訪れ意見交換

2017年2月21日

 延岡市と交流が進むミャンマーの同国商業省トウ・アウン・ミン事務次官やミャンマー商工会議所のゾウ・ミン・ウィン会頭、JICA関係者ら10人が20、21日、同市を訪問した。意見交換や市内視察が目的で、ミン事務次官は「ミャンマーは自然と資源が豊富だが、技術と投資力が不足している。支援と協力をいただきたい」と述べた。


(全文は22日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】延岡市を訪問しあいさつするミャンマー商業省のトウ・アウン・ミン事務次官

このほかの記事

過去の記事(月別)