ホーム 県内のニュース

延岡・北川の「パイピング」噴砂跡 台風備え土のう

2016年10月2日

 台風18号の接近に備え、冠水被害があった延岡市北川町の川(かわ)坂(ざか)地区で1日、川の水が堤防の地下を通り地表から砂と一緒に噴き出す「パイピング現象」でできたとみられる穴の周囲に土のうを積む応急処置が始まった。委託を受けた同町内の業者5人が2日まで、地区内の大きな穴7カ所で作業を行う。


(全文は2日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】「パイピング現象」でできたとみられる穴の周囲に土のうを積み上げる作業員=1日午後、延岡市北川町の川坂地区

このほかの記事

過去の記事(月別)