ホーム 県内のニュース

チリ地震、宮崎県20センチ津波観測 都農で避難指示

2015年9月19日
 チリ中部で発生した地震で18日朝、北海道から沖縄の太平洋沿岸と伊豆諸島、小笠原諸島に津波が到達し、岩手県・久慈港で午前9時38分に最大80センチの津波が確認された。宮崎県でも沿岸部で最大10~20センチの津波を観測。気象庁は同日未明、太平洋側を中心に津波注意報を発表し、午後4時40分までに全て解除した。都農町の海岸付近に避難指示が、市木など串間市の4地区に避難勧告が発令されたものの、県内、全国とも被害は確認されていない。(5面参照) 津波は午前6時ごろから各地に到達。気象庁によると、北海道・えりも町で10時8分に50センチ、茨城県・大洗町などで10時59分に40センチの津波があった。宮崎地方気象台によると、県内では10時19分~午後3時54分に日南市油津、宮崎港で最大20センチ、日向市細島で同10センチの津波を観測した。

(全文は19日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)