ホーム

振徳着実加点 高専痛い逸機

2017年7月12日
日南振徳5-1都城高専

 【評】日南振徳がそつなく得点した。初回は敵失で好機を広げ、長嶺の犠飛、川崎の2点適時二塁打で3点を先制。四、七回にも1点ずつ加えた。先発大野は7回1失点と好投。都城高専は七回、米吉の犠飛で1点を返したが、五、六回の好機を逃したのが痛かった。

このほかの記事

過去の記事(月別)