ホーム 県内のニュース

沿線観光客1割増 東九州道大分-宮崎今夏効果

2015年11月11日
 九州地方整備局と西日本高速道路は東九州自動車道大分-宮崎開通による今夏の観光面の効果をまとめた。宮崎県、大分県沿線の主要観光地と道の駅21施設の8月の入り込み客は96万3千人で昨年同時期と比べ約1割増えた。

(全文は11日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】福岡市で東九州道開通の今夏の観光面の効果について意見を交換した観光関係者ら

このほかの記事

過去の記事(月別)