ホーム 地域の話題県央

県央

一覧

4カ国の医師ら周産期医療学ぶ 宮崎大などで研修

2019年9月23日
 発展途上国の周産期医療技術向上を図ろうと、国際協力機構九州センター(JICA九州、北九州市)の研修が、宮崎市の宮崎大医学部などで行われている。妊産婦死亡率の高いセネガル、ブルンジなど4カ国の医師や助産師ら8人が参加。講義や演習を通じて、本県の医療体制などを学んでいる。27日まで。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】宮崎大医学部で本県の医療体制などについて学ぶ研修参加者ら

このほかの記事

過去の記事(月別)