ホーム 地域の話題県央

県央

一覧

高木兼寛の功績、次代へ 生誕170年で記念行事 

2019年9月9日
 かっけの予防法を確立し、「ビタミンの父」として知られる宮崎市高岡町出身の医学者、高木兼寛の生誕170年を記念した行事が8日、同町小山田の「穆園ひろば」などで開かれた。地元住民や兼寛が創設した東京慈恵会医科大(東京)の関係者ら約160人が出席。兼寛の遺徳をしのび、交流を深めた。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】高木兼寛の銅像の前で合唱する穆佐小の児童

このほかの記事

過去の記事(月別)