ホーム 地域の話題県央

県央

一覧

災害時の救護任せて 大塚台にボランティア発足

2017年6月17日

 巨大地震の発生時に地域の力で住民の応急救護や心のケアに当たろうと、宮崎市大塚台地区の医療従事経験者でつくるボランティア団体「大塚台医療ボランティア」(永田耕作会長、44人)が発足した。15日には初となる研修会が大塚台地域事務所で開かれ、看護師や保健師、栄養士らの有資格者ら会員30人が出席し、今後の活動について話し合った。


(全文は18日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】大塚台医療ボランティアの研修を受ける医療従事経験者の住民

このほかの記事

過去の記事(月別)