ホーム 地域の話題県北

県北

一覧

被災者心情に迫る 現地撮影、写真など展示

2018年7月12日

 災害に遭った人の心のケアを考えようと、延岡市・九州保健福祉大(高崎眞弓学長)の学生による企画展が12日、同市東本小路の市民協働まちづくりセンターで始まった。21日まで。熊本地震や大阪府北部地震の被災地を訪れて撮影した写真などを並べ、被災者の心情に迫っている。


(全文は13日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】災害からの心の復興について考える企画展を開いている九州保健福祉大4年のメンバーら

このほかの記事

過去の記事(月別)