ホーム 地域の話題県北

県北

一覧

アオバズク保護を評価 野鳥愛護で坪谷小表彰

2018年5月14日

 日向市・坪谷小(矢野根育代校長、15人)は11日、野鳥愛護活動を推進しているとして、県猟友会(渡部昴一会長)から「野鳥愛護校」の表彰を受けた。


 同校は坪谷川の近くにあり、児童は毎年校庭に飛来するアオバズクを観察。アオバズクを題材にした短歌を作ったり、学校のホームページでアオバズクを紹介したりと、児童らが自然を大切にし、野鳥愛護の精神を育んでいる点が評価された。


(全文は15日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】野鳥愛護で県猟友会から表彰された日向市・坪谷小の児童ら

このほかの記事

過去の記事(月別)