ホーム 地域の話題きりしま

きりしま

一覧

ドミニコ高ソフトテニスコート新設、部も発足

2019年4月28日

 今年で創立50周年となる都城市下長飯町の聖ドミニコ学園高(有枝定幸校長)は、テニスコートを敷地内に新設した。国体などの大会で用いられ、主流化が見込まれる砂入り人工芝「ガーネット仕様コート」を九州で初採用。競技関係者は「本県で2026年に開催予定の2巡目国体では、ここで育った選手に活躍してほしい」と期待を寄せている。


(全文は29日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】聖ドミニコ学園高の新コート完工式で打ち初めをするソフトテニス部員ら

このほかの記事

過去の記事(月別)