ホーム 地域の話題きりしま

きりしま

一覧

温暖化、身近な対策学ぶ 県外の大学生が授業

2018年8月30日

 都城市の都城聖ドミニコ学園高(有枝定幸校長、171人)で、環境問題について考えるワークショップ「Blue Earth(ブルー・アース)塾」があった。1~3年生の47人が参加。身近なことからできる地球温暖化対策について考えた。


(全文は31日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】ワークショップで、地球温暖化防止へ身近な対策を話し合う高校生ら

このほかの記事

過去の記事(月別)