ホーム 地域の話題きりしま

きりしま

一覧

認知症、演技で寄り添って 都城で介護講座

2018年6月9日

 認知症介護に演劇的手法を取り入れ、相手に寄り添う接し方を学ぶ体験講座は2日、都城市の松之元自治公民館であった。俳優で介護福祉士の菅原直樹さん(34)=岡山県=が講師となり、介護現場で起こり得るさまざまな場面を設定。参加者は介護施設職員や認知症の人を演じ、よりよい関わり方を考えた。


(全文は10日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】菅原さん(手前左)と共に認知症患者への対応を演じて考えた体験講座

このほかの記事

過去の記事(月別)