ホーム 地域の話題児湯・西都

児湯・西都

一覧

高校カヌー部と交流 みなみのかぜ支援学校

2018年9月20日

 宮崎市清武町の県立みなみのかぜ支援学校(川越俊彦校長、211人)の高等部3年生約25人と、同市内3高校カヌー部の部員約60人による交流会は20日、新富町の富田浜漕艇場であった。特別ゲストとしてリオデジャネイロパラリンピックのカヤックに日本代表として出場した瀬立(せりゅう)モニカさん(20)を招待。生徒たちは瀬立さんや他校との交流を通して、スポーツの楽しさなどを再認識した。


(全文は21日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】カヌーを通して同世代の交流を楽しむ生徒ら

このほかの記事

過去の記事(月別)