ホーム 地域の話題児湯・西都

児湯・西都

一覧

高鍋神楽守る第一歩 国文化財指定へ研修保存会

2018年6月9日

 東児湯5町の神社関係者や行政機関などでつくる「高鍋神楽保存会」(会長・平田神社永友敬人宮司)は、県指定無形民俗文化財「高鍋神楽」の国指定を目指し、第一歩を踏み出した。3日に川南町の町生涯学習センターで文化庁職員らを招いて初の研修会を開催。指定までの流れや今後の活動を確認した。


(全文は10日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】国の重要無形民俗文化財指定を目指し、研修を行う高鍋神楽保存会のメンバーたち

このほかの記事

過去の記事(月別)