ホーム 地域の話題児湯・西都

児湯・西都

一覧

産地維持へ就農支援 川南町、JA尾鈴など新事業

2018年5月10日

 川南町での新規就農を後押しようと、同町やJA尾鈴などは連携し、今夏から支援事業をスタートさせる。就農を希望する5人を研修生として受け入れ、同JAが契約栽培しているピーマンを実際に作りながら知識、技術を伝授。研修が終了する2年後には町内での独立につなげる狙いで、町産業推進課は「生産者も高齢化が進む。技術を継承して産地を維持し、川南町への移住者も増やせれば」としている。


(全文は11日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】新規就農者育成に向けて設置されたトレーニング用のハウス

このほかの記事

過去の記事(月別)