ホーム 地域の話題児湯・西都

児湯・西都

一覧

友愛社に登録プレート 国の有形文化財

2018年4月18日

 児童福祉の父と呼ばれる石井十次(1865~1914年)にゆかりのある木城町の社会福祉法人石井記念友愛社(児嶋草次郎理事長)の「静養館」と「方舟館」が国の有形文化財に登録されたことを受け、町は18日に贈呈式を行い、文化庁から預かった登録文化財プレートなどを友愛社に贈った。町や同社の関係者ら約30人が出席。西都・児湯地域で初めてとなる国の有形文化財登録を祝った。


(全文は19日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】文化財プレートを贈呈した木城町の半渡町長(左から2人目)と児嶋理事長(左から3人目)

このほかの記事

過去の記事(月別)