ホーム 地域の話題

調味料の違い分かった 綾小で「味覚の授業」

2019年10月21日
 食を味わう楽しさを学ぶ「味覚の授業」は15日、綾町の綾小(高松公俊校長、461人)であった。4年生89人が食材のにおいや食感を注意深く確認することで、味覚への関心を高めた。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】合わせ酢にキュウリを漬けて食べ、味の違いを体感する児童ら

このほかの記事

過去の記事(月別)