ホーム 地域の話題

小学生の安全役立てて ゼンリン宮崎が地図寄贈

2019年8月25日
 地図情報会社のゼンリン宮崎営業所(宮崎市、久保聡士所長)は、小学校区に危険箇所情報を併せて表示した「キッズセーフティマップ」を作り、学校や自治体に寄贈している。これまで宮崎市内で6地区(版)14校分、日向市内で「日向市版」を製作。宮崎市内分は各校の全校児童に配っており、学校関係者に「大変便利だ」と喜ばれている。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】ゼンリン宮崎営業所が県内の小学校や自治体に寄贈を進める「キッズセーフティマップ」

このほかの記事

過去の記事(月別)