ホーム 地域の話題

歌舞伎名場面を再現 人形保存会、29日から公開

2019年7月27日
 国富町の六日町伝統歌舞伎人形保存会(黒木基夫会長、16人)が夏恒例の歌舞伎人形を制作した。今年の題材は「菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)」で、等身大の人形3体と背景を描いた書き割りで歌舞伎の一場面を再現した。29日から8月4日まで、六日町交差点近くの特設会場で展示する。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】「菅原伝授手習鑑」の一場面をテーマに、保存会が制作した歌舞伎人形

このほかの記事

過去の記事(月別)