ホーム 地域の話題

オオハラビロトンボ確認 川南湿原で3年ぶり

2019年7月20日
 川南町の川南湿原で、県版レッドデータブックで絶滅危惧1A類に指定される「オオハラビロトンボ」が3年ぶりに確認された。同湿原を守る会の松浦勝次郎事務局長は「生息しているかを毎年確認していたので、今年は見つけられてうれしい」と話している。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】川南湿原で3年ぶりに確認されたオオハラビロトンボ(川南湿原を守る会提供)

このほかの記事

過去の記事(月別)