ホーム 地域の話題

発達障害児へ早期支援を 日南の団体が研修重ねる

2019年5月30日

 発達障害児を早期から支援-。日南市内の医療、福祉関係者らでつくる日南市地域自立協議会こども部会(原田奈美恵部会長)は、関係機関の連携強化や保護者への啓発に向け研修を重ねている。言葉の発達やコミュニケーションなどに困難を抱える発達障害児は、適切な療育や支援なしでは不登校や非行などの二次障害につながる懸念も。同部会では「親も抵抗なく子どもに支援を受けさせる環境づくりを」としている。


(全文は31日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】発達障害児を早期支援する重要性について学ぶ「こども部会」メンバー

このほかの記事

過去の記事(月別)