ホーム 地域の話題

延岡大空襲「忘れない」 殉職栗田教諭しのぶ

2018年6月29日

 1945(昭和20)年6月29日未明の延岡大空襲から73年を迎えた29日、延岡市内各地で慰霊行事があった。同市は当時、化学薬品などの軍需工場があったため、県内で最大の被害を受けた。米軍のB29爆撃機による焼夷(しょうい)弾攻撃の死者は300人以上に上り、市中心部の建物の大半は焼失した。犠牲者の遺族らは悲劇を忘れず、平和の尊さを次代に伝えていくことを誓った。


(全文は30日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】延岡中で栗田彰子教諭の肖像画に白菊を手向ける生徒代表

このほかの記事

過去の記事(月別)