ホーム 地域の話題

医師不足など改善へ、来年度中に構想策定 宮崎市

2013年12月17日
 宮崎市は医療課題を改善し、持続可能な医療提供体制をつくるため「市医療提供体制将来構想」を策定する。市が抱える医師数の不足や偏在、災害時の医療体制の不備などを解消することが狙い。宮崎大や市郡医師会などから選ばれた委員20人が協議を行い、来年度中のとりまとめを目指す。

(詳細は18日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】今後の医療体制について協議した市医療提供体制将来構想策定委員会

このほかの記事

過去の記事(月別)