ホーム 地域の話題

アシタバ栽培に広がり 苗配布活動、実を結ぶ

2017年6月9日

 宮崎市青島・内海地域でのアシタバの生産を維持しようと、住民に苗を無料配布してきた生産者グループ会長、川越満信さん(64)の取り組みが、少しずつ実を結びつつある。種を取って毎年作る人もいるほか、グループに入り栽培しようという人も現れ、4年にわたる地道な取り組みで徐々に浸透してきたようだ。


(全文は10日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】5月の「福祉まつり」会場で住民にアシタバの苗を無料配布した川越満信さん(右)

このほかの記事

過去の記事(月別)