ホーム みやざき美味発見

チョウザメ肉新商品を開発

2013年9月11日
 食品加工を手掛ける「器」(宮崎市、西立野玲社長)は、県内のシロチョウザメの養殖業者と連携して魚肉などを使った加工品を開発、9月から販売を始めた。
 原料は、県内の養殖業者から提供を受けたチョウザメを使用。商品はいずれも小分けして冷凍保存しており、マリネは自然解凍、そのほかは電子レンジで温めればすぐに食べられる。商品はインターネットのみで販売し、価格は5商品1セットで5250円。問い合わせは、器(電話)0985(86)7600。ホームページアドレスは、http://www.himuka-tamatebako.jp/


(詳細は11日付朝刊または携帯サイトで)



【写真】器が製造販売を始めたシロチョウザメの魚肉などを使った加工品。

このほかの記事

過去の記事(月別)