ホーム みやざき美味発見

生クリームに新製法 シロノコマチ(城の小町)(都城市・お菓子の南香)

2019年3月25日
 「生涯初食感」をうたう新感覚のケーキ。最も印象に残るのが、さっぱりした口溶けの生クリームだ。

 都城市甲斐本町、「お菓子の南香」4代目遠武大輔専務(41)が開発した。「鍋で生クリームをたき、マンナンを加えると脂がうま味に変わる。常識外の生クリーム革命です」と強調する。

 1個360円、発送用は化粧箱4個入り1540円。冷凍庫で保管し、食べる際は10度以下の冷蔵庫で解凍後、早めに。賞味期限は冷凍のままで30日。店頭販売のほか、同店ホームページから取り寄せが可能。問い合わせは「お菓子の南香」(電話)0986(22)4670。

【写真】生クリームのふんわり感が特徴の「シロノコマチ」

このほかの記事

過去の記事(月別)