ホーム みやざき美味発見

ポン酢「もろみ物語」(日南市南郷町・阪元醸造)

2017年12月18日
 日南市南郷町の目井津港から西に向かって国道220号を歩いてすぐの脇道に、歴史を感じさせる建屋がある。1923(大正12)年創業の阪元醸造(阪元正典代表社員)だ。創業以前は焼酎を造っていたという同社。江戸時代末期から仕込みに使っている木おけは今も健在で、伝統のしょうゆ造りを続けている。

 「もろみ物語」は200ミリリットル入り、756円。阪元醸造や道の駅「なんごう」、港の駅「めいつ」などで販売。同社は2013年公開の映画「あさ・ひる・ばん」(やまさき十三監督)でロケ地に使用されたことも。日南市南郷町中村乙4766。阪元醸造(電話)0987(64)0021。

【写真】約100年作り続けている阪元醸造のしょうゆと、ミカンの風味が広がるポン酢「もろみ物語」(中央)

このほかの記事

過去の記事(月別)