ホーム みやざき美味発見

牛乳甘酒「穂倉千徳」(高原町・農事組合法人「はなどう」)

2017年11月27日
 米や麦などを生産し、県内の業者と連携して日本酒や焼酎、ビールなどを開発している高原町の農事組合法人「はなどう」。酒米として人気の高い品種「山田錦」や本県独自の品種「はなかぐら」を原料に、宮崎市の白水舎乳業や延岡市の千徳酒造などと共同で牛乳甘酒を開発した。甘酒ブームにも後押しされ、女性を中心に支持を集めている。

 1本150ミリリットル入りで350円。高原町蒲牟田の直売所「杜の穂倉」で取り扱っている。農事組合法人「はなどう」(電話)0984(42)1839。営業は午前9時から午後6時。元日のみ休み。

【写真】高原町産の酒米を原料に使った牛乳甘酒「穂倉千徳」

このほかの記事

過去の記事(月別)