ホーム みやざき美味発見

高原高3年生がカステラ開発

2013年1月10日
 今年3月末で閉校する高原町の高原高(矢田憲太朗校長)食品化学科3年の37人が地元産の米粉と小麦を使ったカステラ「たかはるケーキ」を開発した。

 土産品向け食品製造の末山商会が製造し、1本(約200グラム)500円(税込み)で、はなどうが運営する直売所「杜の穂倉」で販売している。

(詳細は10日付朝刊で)

【写真】「たかはるケーキ」を作った生徒

このほかの記事

過去の記事(月別)