ホーム みやざき美味発見

神話ちなみ甘酒アイス 西都の障害者施設販売へ

2012年10月30日
 西都市の西都原考古博物館の展望ラウンジ「眺」を運営する障害者施設・うからの里(高鍋町、樋口和徳施設長)は、同市に伝わる神話をモチーフにした新商品「甘酒アイス」を開発、11月3日から同ラウンジで販売する。

 甘酒アイスは県の事業を活用し、市内にある「アイスクリームスイーツ」の人気店「もりのふう」と連携して開発。甘酒の自然の甘みを生かした優しい口当たりで、ほのかな甘酒の香りを楽しめる。安定剤などの添加物は使用せず、砂糖は通常より20%カット。

(詳細は30日付朝刊で)

【写真】神話をモチーフにした甘酒アイス

このほかの記事

過去の記事(月別)